おまとめローンストラテジー > おまとめローン基礎知識 > 本当は怖いクレジットカードのリボ払い!解決するにはおまとめローン?

本当は怖いクレジットカードのリボ払い!解決するにはおまとめローン?

クレジットカードのリボ払いを複数のカードでしてしまい、返済が苦しくなってしまう人がとても多いんです。
リボ払いは購入した商品に対する通常の分割払いではなく、毎月枠内であればどれだけ買物をしても、あらかじめ設定された一定の金額を毎月支払うだけという、負担の少ない返済方法です。

分割払いの場合だと、商品ごとに分割払いがかかるため、何度も買い物をすると分割払いとは言え、月の支払金額は大きくなり、買物のしすぎ、クレジットカードの使いすぎに自分で気づくことができます。

ところがリボ払いの場合…

リボルビング払いの支払い設定を利息込みの毎月2万円に設定し、10万円の買物を5回クレジットカードでしたとしましょう。
トータル50万円もの大きな買い物をしても次月の支払いは2万円になるのです。

もし同じ買物を分割払いでしていたら、10万円の分割払い(10回と仮定)で1万円✕5回ですから、次月から5万円もの返済に追われるわけですね。
だから使いすぎには自ずと注意することができます。

例を上げてみてみましょう。

分割払い(分かりやすいように金利は無視しています)

買い物 金額 分割回数 月々返済
バッグ 5万円 10回払い 5千円
財布 3万円 10回払い 3千円
合計 8万円 10回払い 8千円

 

リボ払い

買い物 金額 分割回数 月々返済
バッグ 5万円
財布 3万円
合計 8万円 5千円

ただリボ払いはどれだけ使っても一定額の支払いですから、枠が一杯になってしまうと2枚目のクレカで使い始めてしまう方が多くいるのです。

使用金額に対しての返済が少ないから金銭感覚も狂ってしまうんですね。

そして気づいたときにはリボ地獄に陥り、クレジットカードでの多重債務になってしまう…

それでは実際に多重債務に陥るパターンも見てみましょう。

リボルビング払いが招く多重債務に陥るパターン

例えば、限度額50万円のクレジットカードを2枚がA・B、限度額30万円のクレジットカードCを1枚所有していたとします。
主力に使っていたAカードでリボルビング払いを設定し50万円まで10回買い物をしてしまった場合でもリボ払いなので毎月の返済はが1万円で済みます。
本来10回もの買い物で50万円分使った場合、それぞれを分割払いにしたとしても、かなりの返済負担が出来るはずです。
そして、その時点でお金を使いすぎていることに気がつくのですが、リボルビング払いだと毎月1万円で済むので借金をしている感覚が鈍くなってしまうのです。
ただこの時点で金利が18%だと仮定すると、リボ払いでの返済回数は94回にもおよび、支払い利息総額は43万円にもなってしまういます。
このような事実に気づかずに、Aカードが限度額で使えないからと、Bカードでもリボ払いで買物をするようになり、感覚が麻痺してCカードも使う・・・

A・B・Cが全て限度額に到達した時には130万円もの借金を背負っていて、毎月3万円の返済を行うこととなります。

この3枚を全て返し切るには

  • カードA:返済回数:94回・利息43万円
  • カードB:返済回数:94回・利息43万円
  • カードC:返済回数:41回・利息10万円

合計で96万円もの利息を支払うことになります。

この時点で事の重大さに気づき、カードの使い方を考え直せばいいのですが、大半の人は足りないならもう1枚クレジットカードを作ってしまおう。
という発想になり、多重債務地獄にはまっていきます。

そして気がつけば、毎月の返済に困り、キャッシング枠にも手を出してしまい借金で首が回らない状態に陥ってしまうのです。

ショッピングのリボ払いもおまとめできないおまとめローンもある

クレジットカードのリボ払いをまとめる場合の注意点として知っておいてもらいたいことがあります。

それはショッピングリボは一本化できないおまとめローンがあるんです。

「何故?」と思われるかもしれませんが、正確に言うと「おまとめローン」というローン商品では取り扱いに含まれないということです。

おまとめローン専用商品は、基本的に融資側が、あなたの借金を肩代わりして返済してくれます。
あなたは返済してもらった合計の金額を融資先に返済していくのです。

これが、おまとめローン商品の仕組みです。

東京スター銀行のおまとめローンや、プロミスやアコムのおまとめローンのようにおまとめローン専用商品は肩代わりする借金としてショッピングリボが認められていないということなんですね。

以前であれば、銀行のカードローンなど用途が自由なローン商品であれば特に問題なくおまとめできたのですが、金融庁から過剰貸付の調査が入った銀行のカードローンでは非常におまとめへの道が狭くなってしまいました。

銀行側が自主規制として審査を今まで以上に厳しく見始めたため、おまとめローンなど元々厳しかったものがさらに通りにくくなってしまったのです。

ところが、そんなおまとめローンの中でも唯一クレジットカードのショッピングリボまで対象に審査してくれる金融機関がります。

大手消費者金融のアイフルの借り換えMAXとおまとめMAXがそうです。

リボ払いを一本化可能なアイフルのおまとめローン

アイフルには2種類のおまとめローンがあります。

借り換えMAX
過去にアイフルを利用したことがある方が申し込めるおまとめローンで金利面で優遇を受けられます。
金利:12.0~17.5%

おまとめMAX
はじめてアイフルを利用する方はおまとめMAXにしか申し込めず、金利の優遇を受けることができません。
金利:15.0~17.5%

  • クレカも銀行も一本化できて人気のアイフル

    アイフルのおまとめローン

    CMでもおなじみの独立系消費者金融では最大手のアイフルは2種類のおまとめローンで人気です。「おまとめMAX」がアイフルを利用した人向け。「借り換えMAX」がアイフルをはじめて利用する方向けです。また銀行やクレカのショッピング枠までまとめることができるのもアイフルだけの特徴です。

    アイフル

    アイフルのおまとめMAX/借り換えMAX

    • 金利12.0%〜15.0%/12.0%~17.5%
    • 限度額最大500万円
    • 返済期間最大10年
    • 即日対応可能

    アイフルを一度でも利用したことがあれば上限金利が銀行並みの15.0%となります。100万円以内で15.0%で借りることができるのはアイフルだけです。

    ネット申込み後に店頭窓口での手続きが必要なのでご自分の行ける範囲にアイフルの店舗があるかどうかだけは確認しておきましょう。

アイフルを使ったことがない方は10万円以下の金額で通常のキャッシングを申し込んで利用してから借り換えMAXに申し込むのが妥当ですね。

ただし、すでに自転車操業で、延滞なども繰り返してしまっている場合はおまとめローンの審査に通らない可能性があります。
そのような場合は債務整理で借金を整理することも考えなければなりません。

債務整理の詳細はコチラ

おまスト特別企画

おまとめローン基礎知識

借金問題解決コラム