おまとめローンストラテジー > おまとめローン基礎知識 > ブラックリストに載っていてもおまとめローンは利用可能か

ブラックリストに載っていてもおまとめローンは利用可能か

いわゆるブラックリストとはどのようなものでしょうか。
銀行系、クレジット・信販系、消費者金融系などの金融機関は、審査の際に顧客が信用できる人か、安定して返済できるのかどうか見定めるために、信用情報機関の個人信用情報を参照しています。

個人信用情報機関とは個人の金融機関との取引履歴を記録して保存しておく期間のことです。
金融機関との取引履歴のことを信用情報といい、延滞や債務整理などのマイナス情報があった場合はこれを世間一般ではブラックリストと呼びます。

ブラックリストになってしまう主な要因としては延滞と債務整理です。
この2つを事故情報と呼びますが、この情報が載ってしまうと審査通過はほぼムリです。

そうです。
ブラックリストに載ってしまうとおまとめローンはおろか、あらゆる借金、ローン、クレジットカードが作ることができなくなってしまうのです。

ただし、ブラックリストになってしまったとしても、一生ブラックリストというわけではありません。

  • 延滞、任意整理は5年
  • 個人再生・自己破産は7年~10年

信用情報に記載される期間があるのです。

その期間が終わりれば、晴れてお金を借りることが出来るようになります。

もう一つのブラックリスト『申込みブラック』

それから事故情報のほかにも、1ヶ月に3件以上審査に落ちてしまったた場合、「申込みブラック」と呼ばれる情報が登録されます。

こうなるとやはりお金を借りることはできません。この登録期間は6ヶ月です。そのため審査で落ちてしまった場合、次から次へと申し込んで落とされなることがないように注意する必要があります。

ブラックになってしまった場合の対処

申し込みブラックであれば半年待てば情報は消えてまた審査に通るようになりますが、延滞や債務整理などの事故情報は5年から10年もの間我慢しなければなりません。

ここをご覧になっているあなたはそんな期間待っていられない方だと思います。

ブラックで審査に通るおまとめローンはありません。

自分がブラックだと分かっているあなたは債務整理を選択しましょう。

最後に注意点です!
ブラックでも審査に通る金融業者はほとんどの場合詐欺や闇金です。
こういった甘い誘惑には絶対に乗らないようにして下さい。
多重債務者が気をつけておきたいおまとめ詐欺

おまスト特別企画

おまとめローン基礎知識

借金問題解決コラム