「おまとめローン」って何?

「おまとめローン」って何?

おまとめローンとは、複数の借金の返済を、借り換えて一本化する方法です。

毎月の返済に追われる多重債務者の方をなんのデメリットなしで救うことが出来る金融商品なので、借金問題に悩む方には救世主的な存在でもあるのです。

おまとめローンは以下のようなお悩みの方におすすめです

あちこちから借り入れをしているので毎月の返済が辛い
おまとめローンに一本化すると毎月の返済額が軽減!
借金が沢山あって、しかも金利も高いので返済がうまくいかない
おまとめローンに一本化すると金利を低くなります!
返済日が毎月バラバラで管理がしにくい。もっとラクに借金の返済をしたい
おまとめローンに一本化すると毎月の返済日が1日だけに!

おまとめローンの利用例

  • A 社

    A 社

    借 入:70万円
    年 利:18%
    返 済:25,000円
    返済日:毎月15日

  • B 社

    B 社

    借 入:50万円
    年 利:18%
    返 済:18,000円
    返済日:毎月20日

  • C 社

    C 社

    借 入:30万円
    年 利:18%
    返 済:15,000円
    返済日:毎月末日

毎月の返済総額:58,000円

おまとめローンへの借り換えで

アコム

アコム

借 入:150万円
年 利:15.0%
返 済:22,000円
返済日:毎月1回のみ

毎月の返済総額:22,000円

※アコムでおまとめした場合

上記の例で挙げたアコムのおまとめローンを利用してのおまとめは借金総額は同じでも金利、毎月返済額を大きく下げることができています。
※例でのアコムの月返済額は13年7ヶ月での返済シミュレーションとなります。

おまとめローンシミュレーター

あなたの借金状況別に最適なおまとめローンを提案します!

あなたの過去と現在の借金状況を入力するだけでおまとめローンをしたらいくら返済が楽になるかがわかります。

チェック3項目、入力3項目なので1分もかからず簡単にシミュレーションできますよ!

※500万円を超えるシミュレーションはできません。


>>事例別で分かりやすく返済シミュレーションを解説しています

あなたの過去の状況から教えてください

5年以内に3ヶ月以上の滞納をしたことがある
過去10年以内に債務整理をしている
直近1ヶ月以内でローンの申し込みを3社以上している
あなたの現在の借入状況を教えて下さい
借入件数
借入総額 万円
月々返済額 万円
あなたはおまとめローンの審査に通らないでしょう

3ヶ月以上の延滞や債務整理を過去にしているとローンの審査に通ることはほぼ不可能です。

借金を精算するには債務整理しか手段は残されていないでしょう。

ただし、2回目の債務整理になる方で1回めが個人再生、自己破産だった場合は1回目以降7年経過していることが条件となります。

債務整理について詳しく調べる
あなたは申し込みブラックになっているかもしれません

申込みを1ヶ月に3社以上行ってしまうと、『申込みブラック』と呼ばれる状態に陥り、ローンの審査に通りにくくなってしまいます。

申込みブラック情報が解除されるのに半年かかるので、半年も待っていられないという方は債務整理を検討しましょう。

債務整理について詳しく調べる
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
業者名 月々返済額 金利
アイフル 16,000円 15.0%
プロミス 18,000円 17.8%
アコム 16,000円 18.0%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
業者名 月々返済額 金利
アイフル 32,000円 15.0%
プロミス 32,000円 15.0%
アコム 29,000円 15.0%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
業者名 月々返済額 金利
アイフル 48,000円 15.0%
プロミス 48,000円 15.0%
アコム 43,000円 15.0%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
業者名 月々返済額 金利
アイフル 64,000円 15.0%
あなたの月々返済額は最大〇〇円減らせます。
業者名 月々返済額 金利
アイフル 80,000円 15.0%
あなたはおまとめローンを諦め債務整理をするべきです。

1000万円以上を一括でまとめられるおまとめローンは存在しません。

借金を整理し一からやり直しましょう。

債務整理について詳しく調べる
あなたの返済額はおまとめローンで逆に◯◯円増えます

今以上に生活が苦しくなりますので、債務整理で借金を整理するべきでしょう。

債務整理について詳しく調べる

2017年度おまとめローンおすすめ消費者金融はこちら

  • アコム借り換え専用ローン

    余裕ある返済ならアコムがおすすめ!長期間の余裕を持った返済ができるのがアコムの特徴です。

    アコム借り換え専用ローン

    • 金利7.7%~18.0%
    • 限度額300万円
    • 返済期間最長13年7カ月

    ※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて【借り換え専用ローン希望】と必ず伝えましょう。

  • アイフルのおまとめ

    消費者金融とは思えない低金利が魅力!100万円以内のおまとめなら上限金利15.0%が最大限威力を発揮します!

    アイフルのおまとめ

    • 金利12.0%~15.0%
    • 限度額500万円
    • 返済期間最長10年

    ※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて【借り換え専用ローン希望】と必ず伝えましょう。

おまとめローン 知っておきたい基礎知識

おすすめの消費者金融おまとめローン一覧

  • 返済期間に余裕があり負担が少ないアコム

    アコムの借り換え専用ローン

    むじんくんでおなじみのアコムにも「借り換え専用ローン」という商品があり、これが一本化に利用できるローンになります。アコムはむじんくんでもその場でおまとめローンの契約ができるのがとても便利です。

    アコム借り換え専用ローン

    アコムのおまとめローン

    • 金利7.7%~18.0%
    • 限度額最大300万円
    • 返済期間最大13年7ヶ月
    • 即日対応可能

    銀行やクレカのショッピングリボなどのおまとめができないところは注意が必要です。

    ただ、返済期間が長めに設定できるので毎月の負担が少ないのがアコムの特徴となります。

  • クレカも銀行も一本化できて人気のアイフル

    アイフルのおまとめローン

    CMでもおなじみの独立系消費者金融では最大手のアイフルは2種類のおまとめローンで人気です。「おまとめMAX」がアイフルを利用した人向け。「借り換えMAX」がアイフルをはじめて利用する方向けです。また銀行やクレカのショッピング枠までまとめることができるのもアイフルだけの特徴です。

    アイフル

    アイフルのおまとめMAX/借り換えMAX

    • 金利12.0%〜15.0%/12.0%~17.5%
    • 限度額最大500万円
    • 返済期間最大10年
    • 即日対応可能

    アイフルを一度でも利用したことがあれば上限金利が銀行並みの15.0%となります。100万円以内で15.0%で借りることができるのはアイフルだけです。

    ネット申込み後に店頭窓口での手続きが必要なのでご自分の行ける範囲にアイフルの店舗があるかどうかだけは確認しておきましょう。

  • 下限金利が最も低いのがプロミス

    プロミスのおまとめローン

    消費者金融最大手のプロミスにももちろんおまとめローンはあります。プロミスも自動契約機での契約が可能で困ったその日におまとめをすることができるので便利ですね。

    プロミスおまとめローン

    プロミスのおまとめローン

    • 金利6.3%~17.8%
    • 限度額最大300万円
    • 返済期間最大10年
    • 即日対応可能

    銀行やクレカのショッピングリボなどのおまとめができないところは注意が必要です。

    ただ、消費者金融3社の中では下限金利が最も低いので高額のおまとめにはおすすめです。

おまとめローンの罠

おまとめローンには罠がある!?
銀行カードローンの残高スライド返済をちゃんと理解するべし!

銀行カードローンでのおまとめローンに成功すると、金利・毎月の返済額を大きく下げることができるようになります。

しかし、最低返済額が安くて楽だからといってずっとその金額で返済を続けていると、いつまで経っても返済は終わりませんし、必要以上に金利がかさんでしまいます。

これは残高スライドという返済方式が影響しています。

残高スライド返済とは?

残高スライド返済方式とは、借金の残高に応じて毎月の最低返済額がスライドしていく仕組みです。

三井住友銀行を例に上げると、150万円の借金残高がある場合は最低20,000円の返済、140万円から130万円なら19,000円というように残りの借金が少なくなればなるほど最低返済金額も低くなります。

これにより、債務者の負担を軽減し楽に返済できるというものです。

しかし、返済期間が長くなり、大きな金利を支払わなければならないデメリットがあるのです。

毎月最低金額で返済した場合

借入先:三井住友銀行 借入額:150万円 金利:10.0%

借入残高 毎月の返済額 元金 利息 返済回数
1,500,000→1,400,000 20,000円 100,000円 157,000円 13回
1,400,000→1,300,000 19,000円 100,000円 146,000円 13回
1,300,000→1,200,000 13,000円 100,000円 146,000円 14回
1,200,000→1,100,000 12,000円 100,000円 134,000円 14回
1,100,000→1,000,000 11,000円 100,000円 123,000円 14回
1,000,000→900,000 10,000円 100,000円 119,000円 15回
900,000→800,000 10,000円 100,000円 100,000円 14回
800,000→700,000 10,000円 100,000円 94,000円 15回
700,000→600,000 10,000円 100,000円 82,000円 15回
600,000→500,000 8,000円 100,000円 74,000円 16回
500,000→400,000 6,000円 100,000円 60,000円 16回
400,000→300,000 4,000円 100,000円 58,000円 20回
300,000→200,000 4,000円 100,000円 54,000円 26回
200,000→100,000 4,000円 100,000円 47,000円 37回
100,000→完済 2,000円 100,000円 29,000円 65回
合計 3,240,000円 1,500,000円 1,423,000円 307回

※◯◯万円から△△万円まで借金を返していく時の銀行側が設定した返済額とその間の元金にかかる金利と返済回数を表したものです。

最低返済金額で返済し続けると約25年間も返済にかかりますし、金利だけでも142万円も支払う計算になります。

もしあなたが現在30歳だとすると定年に近い55歳まで借金を返済し続けることになります。

残高スライド方式というのは残高が少なくなればなるほど月の返済金額も少額で済むようにスライドしていく方式のため、返す方はとても楽に返せますが、いつまで経っても終わらない、気づいたら多額の金利を払っていたという落とし穴があるのです。

ですから、どうしても支払いが厳しい月だけ最低返済金額で返し、普段は残高でスライドさせずに一定金額を毎月返済するのが賢い返済方法ですが、これができれば苦労しませんよね。

  

そして大きなデメリットとして、返した分は借りることができてしまうというところです。
多重債務で返しては借りることがクセづいてしまうと限度額に余裕ができると借りてしまうものなのです。
こういう方は繰り返し借りることができてしまう銀行カードローンはおまとめ先としてはおすすめできません。
返済専用の消費者金融のおまとめローンしか関西への道はないと言っても過言ではないでしょう・・・

銀行カードローンは金融庁から過剰貸付に関しての調査!?

  

ニュースや新聞、雑誌でも話題になったのでご存じの方も多いと思いますが、銀行カードローンは過剰貸付が懸念されて金融庁から立ち入り調査を受けています。

  

これを受けて銀行側も自主規制を始めており、審査基準の大幅な引き上げ、収入証明書の提出、総量規制に沿った貸付などを開始しており、特におまとめローンはメディアのやり玉にも上がってしまったため審査にはほぼ通らないと思ってください。

  

銀行カードローンは低金利、高限度額で魅力的ではあるのですが、返済方式が上述した残高スライド返済だったり、金融庁から目をつけられる融資をしていたりと、現状あまりおすすめできるものではありません。

  

やはり一本化をするなら専用のおまとめローンがある消費者金融を利用するのがベストです。

  

実際にアコムで借りた場合の返済を表にしてみてみましょう。

アコムで150万円借り入れした場合

借入先:アコム 借入額:150万円 金利:15.0%

月返済額 元金 利息 回数 総額
21,600円 1,500,000円 2,021,000円 163回(13年7ヶ月) 3,521,000円
24,200円 1,500,000円 1,404,000円 120回 2,904,000円
35,700円 1,500,000円 641,000円 60回 2,141,000円
52,000円 1,500,000円 372,000円 36回 1,872,000円

このように、アコムの場合は期間を設定した分割払いとなるため、銀行よりも早く返済が終了します。
しかし、金利は銀行より高いので、返済期間が伸びれば伸びるほど利息が大きくなります。
自分が毎月キチンと払っていける金額をしっかりとシミュレーションして返済期間を決めましょう。

  • 返済期間に余裕があり負担が少ないアコム

    アコムの借り換え専用ローン

    むじんくんでおなじみのアコムにも「借り換え専用ローン」という商品があり、これが一本化に利用できるローンになります。アコムはむじんくんでもその場でおまとめローンの契約ができるのがとても便利です。

    アコム借り換え専用ローン

    アコムのおまとめローン

    • 金利7.7%~18.0%
    • 限度額最大300万円
    • 返済期間最大13年7ヶ月
    • 即日対応可能

    銀行やクレカのショッピングリボなどのおまとめができないところは注意が必要です。

    ただ、返済期間が長めに設定できるので毎月の負担が少ないのがアコムの特徴となります。

注意!

上述の表で示した通り、残高スライド返済の銀行カードローンでおまとめするよりも、消費者金融でおまとめしたほうが早く返済が完了することはお分かりいただけたのではないでしょうか?

ちなみに、冒頭の例に出したおまとめローンの一例の複数借金でのシミュレーションの返済総額は192万円で返済期間は約3年です。

実際に表にして見てみましょう。

業者 月返済額 利息 回数 金利額
A社:700,000円 25,000円 18% 35回 210,000円
B社:500,000円 18,000円 18% 36回 150,000円
C社:300,000円 15,000円 18% 24回 60,000円
合計:150万 58,000円 - 最長37回 420,000円

スムーズに返済できた場合はこのようになります。アコムのおまとめローンと比べると返済期間も短く金利額も少ないですね。

アコムでも3年の返済に設定すれば3%の金利差のおかげで月の返済額は6,000円減らすことができ、利息総額も5万円ほど減らすことができるのがわかると思います。

ただ、それが毎月払えないから返して借りての繰り返しになるんですよね?

よーく考えてください。
多重債務で苦しんでいるときは順調に返済できていますか?
返しては借りての繰り返しではないですか?

そんな自転車操業を繰り返してると、借入金額は何年経ってもずうっと150万円のままですよね。
それって借り入れできる限度額が150万円なだけであって、じつは何年もかけて数百万円もの借金をしていることと同じなんです。

例えおまとめローンで期間や返済総額が見た目に増えたとしても、返済自体は大幅に楽になりますから、150万円以上借りなくて済むわけです。多重債務のままだと将来的な借金もシミュレーションに含めて考えなければなりません。

こうした表面上デメリットに見えることも、返済額を調節すれば解決できることです。

ところが、ネット上にあふれる様々なHPや広告を眺めていると、『おまとめローンは実は損!』とか『おまとめローンは借金額を増やすだけの詐欺商品』と謳って債務整理や過払い金請求をさせようとする業者がいたりしますので、安易に騙されないようにしてください。

総額、期間が伸びるのはデメリットではありません!
多重債務のままでいると自転車操業でそれ以上の借金と金利を払い続けていくことになるのですから・・・

おまとめローン審査通過の必勝法!

銀行カードローンのおまとめ審査はかなり厳しい!!
「おまとめ専用」という名称がついた消費者金融のローンを選ぶべし!

ただでさえ審査が厳しい銀行のカードローンですが、上述したようにおまとめローンが過剰貸付のやり玉にもあがってしまったため、非常に審査が厳しいのが現状なのです。

基本的に銀行カードローンでの一本化はできないと思っても大丈夫です。

また、おまとめローンの罠でも書いたように、ウン十年と返済する必要がある上、何度も繰り返し借りれてしまうローンよりも、専用の消費者金融のおまとめローンで確実に返済をすることが、一本化をする手段としては大正解なのです。

消費者金融はおまとめ専用ローンなところにメリットが詰まっている

  • おまとめ専用ローンは返済専用だから確実に完済できる
  • 原則として担保なし、保証人なし
  • 銀行カードローンよりも短い期間で借金が終わる
  • 現在の借金は消費者金融が全額返済
  • 銀行と比べれば柔軟な審査が期待できる

おまとめローンの審査基準

消費者金融おまとめローンの
審査通過のためのチェックポイントを学ぶべし!

銀行よりも柔軟審査とはいえそこは多重債務なあなたへの審査です。ある程度の信用がない限り審査に通ることはありません。

そこで、少しでも審査通過に近づくためのチェックポイントを紹介します。

これがあったら審査に通りにくい!多重債務者審査落ちの2大パターン

ポイント1 延滞情報

過去5年間で3ヶ月以上の延滞があると信用情報に事故情報が登録されています。これを俗にブラックリストと呼びますが、事故情報が載っている場合は審査には絶対通りません

また、数日返済が遅れただけというような軽微な延滞も数回なら審査に影響は小さいですが、何度も繰り返し悪質と判断されると事故情報として信用情報に登録されることがあるので注意が必要です。

ポイント2 申込状況

ローンの申し込みを月に3社以上繰り返してしまうと、【申し込みブラック】という状態に陥り審査に通りにくくなります。

信用情報にはいつどこにローンを申し込んだかという情報が登録されているため、短期間にたくさんの申込みをしていると、お金に困って申込みを繰り返している人と判断されます。

ただ、申込情報というのは6ヶ月で消えていく情報なので半年後には正常な状態に戻ることが出来ます。

信用情報になにかしらのマイナス情報があると審査通過は非常に厳しくなります

  • 返済は遅れずにきっちり守ること!
  • 短期間にたくさんの申込みを行わないこと

この2点だけは最低限守るべきです。それが出来ない状況であればおまとめローンよりも債務整理をおすすめします。

審査ではここを見られる!審査通過のポイントは「安定」!

ポイント1 延滞情報

過去5年間で3ヶ月以上の延滞があると信用情報に事故情報が登録されています。これを俗にブラックリストと呼びますが、事故情報が載っている場合は審査には絶対通りません。

また、数日返済が遅れただけというような軽微な延滞も数回なら審査に影響は小さいですが、何度も繰り返し悪質と判断されると事故情報として信用情報に登録されることがあるので注意が必要です。

ポイント2 安定した収入

完済するまで確実な返済を行えるかという点が審査では重要になりますので、安定した年収というのは最重要項目となります。

同じ年収1,000万円でも零細企業の1,000万円と公務員の1,000万円では圧倒的に公務員が安定していると評価されますし、月収が月によってバラバラな年収1,000万円よりも毎月安定した年収300万円のほうが評価される場合もあります。

ポイント3 勤続年数

勤続年数は長ければ長いほど安定して職業に就いていると評価されます。これは、安定した収入を確保できているという評価に繋がるのです。

逆に言うと勤続年数が1年未満だと1年通して働いた実績がないため本当に安定しているか分かりませんし、離職の可能性もあるので審査に通りづらくなってしまいます。

ポイント4 住環境

自分で所持している持ち家があると評価がぐっと上がります。当然住宅ローンはあるよりない方が高い評価をもらえます。

賃貸住宅でも諦める必要はありません。長年賃貸住宅に住んでいるのであれば家賃を継続して支払える経済力を見込んでもらえます。

ただ、賃貸よりは親の持ち家に住んでいる方が審査は通りやすいようです。家賃分が返済に回せるということでしょうね。

審査に通らない時の対処法

融資額が足りなくても諦めない!段階的におまとめをして最終的な一本化を目指す!

いざ借金を一本化しようとおまとめローンに申し込んでも希望の金額の融資は受けられないことも多くあるはずです。極端に言えば4社で合計300万円を一本化しようと思っても、実際には70万円しか融資がおりなかったなんてことだって現実にはあるのです。

ただ、そこで諦めてはいけません。

最初に少しでも融資をしてくれた金額で1社でも債務先を減らしましょう。
そしてキチンと返済している実績を作り金融機関と段階的に限度額を増やしてもらう交渉をしていくことで複数あった借入先をさらに一社ずつ減らしていくことができます。
時間はかかりますが、返済を続けるという実績にまさる信用はありませんので、有効な手段となるでしょう。

消費者金融のおまとめローンの審査が通りやすいのは何故?

今、おまとめローンに最も積極的なのが消費者金融

過払い金請求が加熱し、星の数ほど存在した消費者金融は淘汰され、業界は疲弊しきってしまいました。

そのような背景の中で、とにかく融資しないことには始まらないと、多重債務者を債務整理に流れないようにおまとめローンの積極融資が行われているのです。

とにかく借金問題を解決したい多重債務者には願ったり叶ったりの話ですね。

厳しい風が吹き荒れる消費者金融の現状

最近の債務整理は過払い金請求とセットで行われることが多く、消費者金融はこれ以上の過払い金を支払うくらいなら、おまとめローンの融資をしてしまって多重債務顧客を抱えた方が楽なのです。

事実、2010年9月28日の武富士の倒産、2009年9月18日のアイフルの経営危機による裁判外紛争解決(ADR)でトータル3,000人近いリストラを行い、2015年3月期の連結最終損益でも364億円の赤字となっています。

このように消費者金融業者は依然として厳しい状況が続いていたのです。

2017年ようやく吹いた消費者金融への追い風

2017年に入り、年々勢力を強めてきた銀行カードローンに金融庁から過剰融資の疑いありとメスが入りました。
それまでおまとめローンのシェアを取っていた銀行がこれ以上の世間の指摘を恐れて融資をしぶり始めたのです。
この流れが消費者金融には追い風となり通常のカードローンのみならずおまとめローンもぐんぐんシェアを伸ばし始めています。

おまとめにも積極的なオススメ消費者金融

  • アコム借り換え専用ローン

    余裕ある返済ならアコムがおすすめ!長期間の余裕を持った返済ができるのがアコムの特徴です。

    アコム借り換え専用ローン

    • 金利7.7%~18.0%
    • 限度額300万円
    • 返済期間最長13年7カ月

    ※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて【借り換え専用ローン希望】と必ず伝えましょう。

  • アイフルのおまとめ

    消費者金融とは思えない低金利が魅力!100万円以内のおまとめなら上限金利15.0%が最大限威力を発揮します!

    アイフルのおまとめ

    • 金利12.0%~15.0%
    • 限度額500万円
    • 返済期間最長10年

    ※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて【借り換え専用ローン希望】と必ず伝えましょう。

おまスト特別企画

おまとめローン基礎知識

借金問題解決コラム